<転職活動中の看護師さん専用> 履歴書はこう書こう!

看護師の履歴書の「職歴」欄の書き方について

看護師の履歴書で、多くの人が迷うのが、「職歴」欄の記入方法だと言います。病院勤務の場合は、一般企業といった概念にないため、「入社」「退社」といった言葉は使わないとされています。

では、どういった表現を用いるのか。実は、看護師の履歴書では、一般企業の入社に当たる部分には「○○病院 勤務」という表現を用い、一般企業の退社に当たる部分には「○○病院 退職」という表現を用いるのが通常だと言われているのです。また、パートだった場合には、「勤務」の後に続けて、(パート)などと記入しても良いようです。

もちろんこれは一般論ですから、どの病院にも絶対に通用するというものではないかもしれません。ですから、転職支援サービスのコンサルタントに、相談してみるのが最も確実でスムーズな方法だと言えます。病院によっては表現方法によって合否に影響が出るといった事もないとは言えませんので、転職支援サービスに相談した方が無難です。

転職支援サービスのコンサルタントは、求人情報を出している病院についてのさまざまな詳細情報を把握していますので、応募する病院ごとの対策も持っている可能性が高いのです。こうした事は、一般の求人サイトからは読み取る事もできません。さすが転職支援サービスだ、と思ってしまう一面です。

また、職歴欄に書く職歴が多い場合にも、書くのをためらう人がいるようです。「何度も転職している」=「すぐにやめてしまう人だ」というように思われてしまう事を心配しての事だと言います。しかし、看護師という職業ですから、それほど心配する必要はないと言います。看護師という職業では、あまりにその仕事がハードであるために、短期間で転職する人も非常に多いのだと言います。ですから、職歴が多少多かったとしても、不安に思う事はありません。

こうした点も、転職支援サービスを利用していれば、コンサルタントがしっかりとアピールを行ってくれますので、心配する事はありません。

履歴書という、書類も非常に重要ですが、もっと重要なのは、転職しようとしている看護師の、その「人となり」です。意欲が十分にあり、熱意と誠意が理解してもらえれば、職歴の数なんて問題ではないのです。そして、それをアピールしてくれるのが転職支援サービスですから、多くの転職を成功させたい看護師は、ほとんどが利用してきたと言います。高待遇が手に入り、満足度が高い転職支援サービスを、ぜひ実感してみてください。

↓ 履歴書の悩みは以下のエージェントに無料相談が効率的! ↓

第1位:【看護のお仕事】  ※履歴書の添削含むサポート体制が人気の秘訣!

圧倒的なサポート力が多くの利用者から高評価。履歴書・面接対策はココで間違いなし!
求人の豊富さもさることながら、全て任せられるコンサルタントの質は業界NO.1です。




第2位:【ナースフル】     ※リクルートグループ運営で安心

「リクルートナースバンク」からサービス名を変更した「ナースフル」が2位に。
履歴書の添削、面接日程の調整、給与アップ交渉などのサービスを無料提供中!




第3位:【マイナビ看護師】  ※スピーディに求人を紹介!

業界大手のマイナビグループが運営する看護師専用の転職仲介サービス「マイナビ看護師」
求人の豊富さもさることながら、その手厚いサポートが利用者から好評♪




▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2016 <転職活動中の看護師さん専用> 履歴書はこう書こう! All Rights Reserved.